試し読み

気になった文章をマークして、知人と共有しよう。

p32



なぜG2へと大躍進できたのか
 一九八九年、中国のGDPは九州より小さく、その七〇パーセントほどだった。ところが、私が『チャイナ・インパクト』(講談社)、『中国シフト』(小学館)、『中華連邦』(PHP研究所)の中国三部作を上梓(じよう し)した直後の二〇〇三年ごろから中国経済の急激な成長が始まり、GDPは年々上昇していく。一方で、日本のGDPは一九九四年あたりからまったく伸びていない。
 そしてついに二〇一〇年、中国のGDPが日本を追い抜いた。
 一人当たりのGDPで見れば、中国はいまだ日本の一〇分の一規模にすぎないが、その一人当たりGDPも、一九九五年には世界一であった日本が、いまでは世界の二五








マークをつけて、知人と共有しよう

Twitterでログイン

マークとは、文章の好きな箇所をハイライトし、簡単に保存、友人と共有できる機能の事です。

マークをつけるには、

1.ログイン
上記リンクよりTwitterアカウントでログインしてください。(勝手に何か投稿される事はありません)
2.なぞってマーク!
好きな文章を選択した状態で「マークする」ボタンを押すだけで簡単に保存されます。

ご購入はこちら


マークの仕方

好きな文章をなぞって「マークする」ボタンを押すだけで、好きな箇所を簡単に保存、友人と共有できます。

1.ツイッター経由でログイン
このサービスはツイッターアカウントを利用します。ツイッターについてはこちら
2.なぞってマーク!
好きな文章を選択した状態で「マークする」ボタンを押すだけで簡単に保存されます。