試し読み

気になった文章をマークして、知人と共有しよう。

p14



読み誤った世界経済のパラダイムシフト
 思えば、二〇〇九年のいまごろは「G2」という言葉をよく聞いたものだった。
 しかし、そのうちの片割れ、かつては「唯一の大国」といわれたアメリカは、いまや「黄昏(たそ がれ)の大国」になりつつある。冷戦が終結したのち、「わが国の繁栄はあと半世紀続く」とアメリカの識者たちは豪語していた。しかしそれからわずか十年後、ブッシュ一人のおかげでひっくり返ったのだ。
 「チェンジ」を信じて人々はオバマに政権をまかせたが、迷走は止まるところを知らない。アメリカ人自身が「いったいアメリカとは何か」を問いはじめ、二〇一〇年十一月三日の中間選挙では、「小さい政府・強い政府」を標榜(ひよう ぼう)する「ティーパーティ」に支援





このページをマークしたユーザー



マークをつけて、知人と共有しよう

Twitterでログイン

マークとは、文章の好きな箇所をハイライトし、簡単に保存、友人と共有できる機能の事です。

マークをつけるには、

1.ログイン
上記リンクよりTwitterアカウントでログインしてください。(勝手に何か投稿される事はありません)
2.なぞってマーク!
好きな文章を選択した状態で「マークする」ボタンを押すだけで簡単に保存されます。

ご購入はこちら


マークの仕方

好きな文章をなぞって「マークする」ボタンを押すだけで、好きな箇所を簡単に保存、友人と共有できます。

1.ツイッター経由でログイン
このサービスはツイッターアカウントを利用します。ツイッターについてはこちら
2.なぞってマーク!
好きな文章を選択した状態で「マークする」ボタンを押すだけで簡単に保存されます。